Lepeel Organics|オンラインストア

妊活を始めるなら忘れてはいけない「妊娠しやすい身体」づくり

赤ちゃんを迎え入れようと決めた瞬間から、妊活は始まります。 妊活の基本のきとして、以前お話しした排卵日確認はもちろん、それと同じくらいに大切なのが、妊娠しやすい身体づくりです。

「私はいつも健康的な食事をしているから大丈夫!」
「お酒もタバコも飲まないから大丈夫!」
「運動をしているから大丈夫!」

と、自分は健康だから問題ないと思っている方、いらっしゃいますね?確かに健康に気を使った生活をしていれば、日常生活を送る上では問題ないかもしれません。
しかし、それと妊娠しやすい身体をつくるというのとは、またポイントが少し違うのです。
そこで今回は、妊娠しやすい身体をつくるとは、一体どういう事なのか、一緒に考えていきましょう。

あなたの身体はあなたが食べた物で出来ている!葉酸は妊活において特に重要な栄養素

そうです!あなたが健康でいられるかどうかは、あなたが何を食べるかで決まるといっても過言ではありません。だからこそ、健康に気を使う人は皆、食事に気を使うのでしょう。 つまり、妊娠しやすい身体になれるかどうかも、何を食べるかで決まる!と考え、食生活に注目してみましょう。
妊娠しやすい身体とは、ただ栄養バランスに気を付けているだけで、必ずしも手に入れられるものではありません。

妊活中に摂りたい栄養素No.1と言えば、今や有名な「葉酸」でしょう。特に、葉酸は妊娠をする前からの摂取を勧められています。
その理由が、葉酸には「神経管閉鎖障害」の発症リスクを下げる効果が期待できると言われている為。これは、赤ちゃんの先天的な奇形。
赤ちゃんがお母さんの身体に宿ってから、神経管が形成されるのは、受精してからおよそ一か月の間。この時期から葉酸の良い影響を与えたいわけです。
つまり、妊娠がわかってから葉酸を摂ったのでは、赤ちゃんの神経管の形成に良い影響を与えようとしても、遅いということが解りますね。

では、葉酸とはどうやって摂取したら良いのか。

葉酸の含有量が多いことで有名な食品と言えば、レバーです。しかし、レバーにはビタミンAも多く含まれており、多く摂取しすぎるとビタミンA過剰症の心配があります。
なので、えだまめやアスパラ、ブロッコリーなどの野菜から摂取する方が安全でしょう。とは言っても、なかなか食品からだけでは摂取が難しいもの。
そんな時は、葉酸のサプリメントで補ってみましょう。

ただし、サプリメントには多量の添加物が含まれている場合もあります。
添加物は身体を冷やしたり、代謝に影響を及ぼすものもあるので、サプリメントをとる場合は成分をよく見て、なるべく無添加やオーガニックのものを選びましょう。

赤ちゃんが寒がる!?妊活に重要なのは体温を温かく保つこと!

想像してみてください。赤ちゃんは産まれてくるまでに、九か月もの間、お母さんの子宮の中で過ごします。この期間が過ごしやすい状態はどんなものか?と言えばやはり、心地よい温度が重要になります。

冷え症の体の中は、寒くてこごえてしまいます。だからこそ、普段から体温をちょうどよい温度に保てる工夫をしたいものです。

ポイントになるのは、基礎代謝を上げること。基礎代謝が上がると体温も上がります。そのためには、運動が一番。

しかし、以前もお話しした通り、ジムへ行ってパーソナルトレーニングを受けたり、一日に何時間も走ったりという必要は必ずしもありません。
エスカレーターを使っていたところを階段にしてみたり、電車の中で座らず立ってみたり、ペットの散歩がある方は、少し歩くコースを長くしてみたり。
特別な事をしなくても基礎代謝は上がります。重要なのは、続けることです。 身体を動かすことで活発になる血行そして上がる基礎代謝とは言え、三日坊主では高い効果は見込めません。無理なく続けられる事を選び、始めてみてください。

特にお勧めしたいのは「ラジオ体操」です。

え!?そんなの小学生の時に夏休みで毎朝やっていただけだよ!とお思いの方が多いかと思いますが、実はラジオ体操は、しっかりとストレッチをして筋肉を伸ばし、力を入れて戻してという動きが筋肉を動かし、血行が促進。

更に、特別な機器や広い場所なども必要なく、手軽にどなたにでも出来る、しかし立派な運動なのです。

子どもの時にやっていた、何となくそれっぽい動きをする、ではなく、まじめに伸ばすところや力を入れるところに注意をしながら是非やってみてください。
NHKテレビ・ラジオ体操は解説もあり正しくマスターできますよ。
終わるころには身体がぽかぽかと温かくなり、人によっては汗がじわりと出てくるほどです。妊活にラジオ体操、おすすめです。

まとめ

以前お話しした、今さら聞けない妊活の基本を、少し掘り下げてお話しさせていただきました。

妊活は、身体の中にもう一つの命を宿すという奇跡を起こす為の大切な活動。

普段の健康管理に加えて、妊活用の健康管理を是非してみてください。